Indian Summer
主にMMO-RPGのプレイ日記です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンディング
定期メンテナンスが終わってログインしようとすると、オートアップデートが始まったのでアップデートしている時間を利用して公式HPを見てみると、ふむふむチートや不正マクロ等の外部プログラム監視ツール導入とのこと。まぁ至ってまじめにプレイしていますから、全然OKやな・・とはいかず、この監視ツールが結構やっかいですね。
ちょっとMP休憩中に明日から始まるクリスマスイベントの詳細を見ようと、Ctrl+AltでリネージュⅡクライアントを最小化してIE起動、ブックマークからリネージュⅡ公式HPを選択するも・・・不正終了。例のMSに報告しますか?ってタスクウィンドウがでてきます。公式HPの閲覧さえできないのなら、今日から実装されたAlt+Enterで切り替えられるウインドウモードも大したメリットがなさそうです。そもそも私のパソコンではウインドウモードでは動作が重くて使いたくもないですが。

さて色々と公式を色々見てると、現在確認されている不具合のところで血盟主がゲーム内掲示板を利用できないとのこと。初めて知りました。
一応クランのHPを作り、血盟員用の要パスワードなBBSも作ったのですが、やはり毎回ブラウザを立ち上げて見にいくのもめんどくさいので、ゲーム内血盟BBSで連絡のやりとりをできればなぁなんて思っていたのですが、肝心の盟主が利用できないとなると血盟コミュニティーの編集がさっぱりできないので、いまいち使い勝手が悪そうです。早く盟主の閲覧・書き込み・編集ができるようにNCJには努力してもらいたいです。

20041222210709.jpg

さてログイン後、火炎の沼で狩り開始・・・ですが、やっぱり今日も少し混んでまして・・1時間もしないうちに狩り終了~^-^;
まぁ接着剤が2個でましたし、経験値なんていつだって稼げますから問題無し・・・なのか?

20041222210714.jpg

で、何をしたかと言いますと、アンデッドスタッフの材料集め+材料加工です。
材料や買い取り資金は全てギランにいる びたーに一任(一番モノを持てるから)してあるので、びたーに切り替えてギランを走り回ります。
途中で江藤蘭世さんという方を見つけたので、ちょっとおちゃめをしておきました^-^; 小さい時なぜか見てて、なぜかエンディングの曲を今でも覚えてるんですね~。ときめきトゥナイトに限らず、幼少の頃に覚えた歌というのはなぜか今でも覚えていたりして、不思議な感じです。

20041222210718.jpg

以前からアンデッドスタッフの作成材料を集めていたおかげで、全ての材料が揃いました・・コア以外は(笑。材料集めにかかった金額は、総額7M弱だったと思います。コアがあと3個足りないのと、製作依頼費が100kほどかかったとしても8Mで十分おつりがくるくらいだと思います。
ところで、そのコアなんですが・・グールスタッフコアが一番高いですね。売り買い露店どちらを見ても100k+します。たしかに今まで火炎の沼で狩りをしてきて、アンデッドスタッフコア8、デーモンスタッフコア6、グールスタッフコア3と一番drop率が低いので希少価値があるのと、オプションのHPが20%以下の時に回避率が上昇するというのが評価されているのでしょうが・・う~ん、どうなんでしょう?個人的にはソロ時の性能を評価したいので、アンデッドスタッフのオプションであるホールドに一番期待しているわけですが・・。
ま、今週末にはアンデッドスタッフ(orグールスタッフ)乗り換え確定ですから、今からが楽しみです。

[lv56/25.82%]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スタッフの材料って・・・
C2から変更になってませんでしたっけ?(・・;
2004/12/23(木) 12:08:19 | URL | 通りすがりwiz #SFo5/nok[ 編集]
ばっちぐーな指摘さんきう!
おかげで思いっきり赤っ恥かきました^-^;
詳しくは23日の日記参照(現時点でまだ書いてない・・トホホ)
2004/12/24(金) 10:51:08 | URL | 海尊 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。